キーワード・用語解説

列国議会同盟(IPU)

列国議会同盟(IPU:Inter-Parliamentary Union)は、世界各国の議会による国際的な組織である。1889年に設立され、世界の平和と協力および議会制民主主義の確立を目的に活動している。147ヵ国の国会と7つの地域議会が加盟している(2007年8月現在)。毎年春秋の2回、定期会議が開催され、地域・特別会議やシンポジウムなども行っている。また、国連との連携の強化にも力を入れている。本部はスイスのジュネーブにあり、ニューヨークには国連連絡事務所も設置している。女性の政治参画に向けての取組では、1994年にパリで開催された第154回評議会において「政治活動における男女間の不均衡是正のためのIPU行動計画」を採択。また、2000年発表の「政治−女性の考察」(1998〜99年実施の「女性の政治的経験と民主主義のプロセスへの貢献に関する調査」をまとめたレポート)では、女性の参画なくして民主主義は実現されないとの提言がなされている。IPUの「世界女性国会議員」調査によると、世界全体の女性議員比率は、下院(衆議院に相当)で17.3%、上院(参議院に相当)で16.0%、日本は衆議院9.4%(世界189ヵ国中131位)、参議院14.5%という状況である(2007年4月現在)。IPUのWebサイトでは、世界の女性の議会における情報などを提供している。(2003.3)(2007.8追記)
 2018年6月現在、世界全体の女性議員比率は、下院(衆議院に相当)で23.8%、上院(参議院に相当)で23.9%、日本は衆議院10.1%(世界193ヵ国中159位)、参議院20.7%という状況である。(2018.9)

  • フリーワード検索
ENGLISH サイトマップ キーワード・用語解説